克服日記

青汁は毎日飲まないといけない?

青汁を飲む際には、食生活が最近気になってきたから飲む、思い出したから飲む、などといったことではなかなか有効効果が期待できません。
それは、青汁の健康効果というのは、継続して毎日飲み続ける事によって発揮されるからです。
実は、世の中には即日に効果実感!であったり直ぐに効果が出ることをアピールポイントにしている健康機能食品というものが溢れていますが、それらには必ずと言っていいほど健康リスクが有ります。

それは、健康を維持する、改善する効果があるといえど、急激に体調を変えることがあると、体は過剰に反応したりすることで副作用が生まれる危険性があります。
そのため、健康効果と健康リスクが比例していると言っていいでしょう。
これらのリスクが有る物質というのは、青汁のように天然由来の原材料を使わず、人工的な要素があるということです。


確かに、青汁はその効果を確認出来るまでは時間がかかりますが、もともと天然由来の野菜から作られるので、リスクがない分、毎日摂るという手間はありますが、やはり健康体でいられるのであればこちらがオススメです。
毎日摂るなんて面倒だ、飽きそうだ、と思われるかもしれませんが、様々な飲み物に割ってみたり、いろいろな料理に混ぜることでその問題を回避できます。
青汁の青臭さを消すには、牛乳や豆乳がオススメです。

また、炊き込みご飯やチャーハンに混ぜてみることでメインの食事にすることも出来ますし、クッキーやケーキの記事に練り込んだり、上からふりかけることでおやつに使ったりすることが出来ます。
青汁は本当に手軽で、量が少ないので、料理に混ぜることでほとんど味がわからなくなりますし、お菓子などに使えば、鮮やかな緑を出すことが出来ますので、デコレーションとして使えます。
このようにいろいろなアレンジを加える事で毎日青汁を取ることが出来ます。
少し手間かもしれませんが、それで健康になれたら万々歳ではありませんか?

このページの先頭へ