克服日記

青汁を試してみたいけどどうすればいいのか

青汁は様々な栄養素をふんだんに含むことから健康維持に摂ろうと考えている人は多いです。
しかし、いざ買ってみようとすると青汁の商品の数に驚かされると思います。
ではその中から自分に合うものってどうやって決めたら良いのでしょうか?

まず冷凍タイプにするか、粉末タイプにするかということを選ばなければなりません。
もし野菜が少し苦手だ、青臭さがあると食べにくいというのであれば、冷凍青汁はあまりオススメではありません。
また、解凍の手間が惜しい、ということもあれば、やはり冷凍タイプは不向きかもしれません。

しかし、それらの条件以上に栄養素を重視するのであれば、冷凍タイプがオススメです。
確かに粉末青汁は飲みやすく、味も匂いも冷凍タイプほどないので野菜の苦手な人には摂りやすいですが、やはり粉末タイプは、そのメリットを得るために加工時に様々な処理を受けることで栄養素がどうしても減ってしまっています。
特に加熱乾燥といった条件下では、冷凍タイプと粉末タイプのあいだに大きな水溶性食物繊維の含有量の差が出てきます。

そう、やはり野菜をそのまま冷凍していることから、冷凍タイプには処理時に減ってしまう水溶性食物繊維がまだたくさん含まれているのです。
水溶性食物繊維とは、糖質吸収を抑えたり、食べ過ぎを防いでくれるということからダイエット効果が見込める成分としても注目されています。
また、腸内環境正常化のために必須な腸内細菌を増やしてくれる成分として、健康維持の面でも非常に良い成分です。

また、青汁に主要物として含まれる植物を比較する必要があります。
メジャーなものとして、カルシウムやメラトニンを含むケールやSOD酵素で知られる大麦若葉などがありますし、どれだけ多くの野菜を入れられているか、という点でアピールしている青汁などもあります。
特定の健康成分が欲しいのか、総合栄養剤が欲しいのか、そしてどのような目的で青汁を取りたいかを考えて青汁を選びましょう。

このページの先頭へ