克服日記

青汁って野菜だけど農薬とかは入ってないのか?

青汁にかぎらず、野菜など、農家が生産するもので心配なのは農薬の有無です。
もしお野菜そのものであれば、ある程度皮を取る、煮こむなどの方法で農薬を摂るのを避けられそうですが、もともと粉末になってしまっている青汁はなかなかそうは行きません。
そこで青汁を選ぶ際には、無農薬表示のものを選びたいですよね。

しかし、農薬がなければ害虫がついたり植物が病気になってしまうのでは・・・?
いくら農薬が嫌でも病気の植物を食べるのであれば、それはそれでちょっと嫌ですよね。
しかし、スーパーで有機野菜を見てみると、多少虫食いは合っても普通の農薬で守られた野菜と比べて極端に色みが違ったりサイズが違うということはありません。

そのような違いが生まれないのは、ひとえにそれを育てた農家の方々の努力の賜物としか言いようがありません。
映画『奇跡のリンゴ』の中の無農薬栽培方法は物議を醸してはいますが、その映画を見たら、いかに無農薬で場合によっては目に見えない虫から作物を守るということは難しいものなのです。
では、野菜農家の皆さんの努力というのはどのようなものなのでしょうか。

まず無農薬野菜を育てる農家の方々が意識するのは環境によって害虫が近寄らないようにすること。
風通しがよく、日当たりもよく、そして圃場の水はけも良いと虫は育ちづらくなります。
また、害虫が寄り付きたくないと感じるような作物を一緒に植えることです。

一緒に植える植物はコンパニオンプランツと呼び、害虫の嫌いな匂いを出すものが多いです。
一般家庭で近年はやっているグリーンカーテンは、線虫の被害によって枯らされるという問題が頻発したようです。
その際に線虫の嫌いな匂いを発するマリーゴールドをこのコンパニオンプランツとして植えた所、線虫の被害が激減したそうです。
このように農家の方々は農薬を使わず、安全な青汁を作っています。
青汁商品に無農薬表示があるものを選んで、農薬を気にせずに青汁を楽しみましょう。

このページの先頭へ